トリキュラーはシートのチェックを忘れずに

シートのチェックしている様子低用量ピルに分類されるトリキュラーは、正しく服用する事で高い避妊効能を得られる経口避妊剤です。3相性ピルに分類される低用量ピルで、女性の自然なホルモンバランスのサイクルに合わせて、3段階に変化するように成分が調整されています。従来のピルよりも子宮内膜が安定するため、副作用としての不正出血が生じにくいというメリットがあります。しかし低用量のデメリットとして、薬を正しい順番で飲み続けないと、十分な効果が得られない可能性があるので注意が必要です。トリキュラーのシートには数字が書かれていて、飲み始めの初日から順番通りに薬が並んでいます。必ずシートをチェックして、毎日決まった時間に記載されている数字順に服用するようにしましょう。
トリキュラーには21錠入りと28錠入りが存在し、21錠入りは21日間連続で1シートの数字に従って服用し、その後7日間の休薬期間の後に、次のシートを飲み始めるというサイクルで服用していきます。28錠入りは、21錠入りと同等の成分の薬に加え、プラセボ錠と呼ばれる偽薬が7錠加わったタイプです。休薬期間となる最後の7錠分は、毎日続けて飲む事で飲み忘れを防止するという意味があります。基本的に21錠入りと28錠入りの効果に違いはないので、自分に合ったタイプを選んで問題ありません。
トリキュラーは比較的副作用の少ない薬ですが、不正出血や乳房の痛み、頭痛や吐き気などの症状が報告されています。初めて服用した人は副作用が出やすいですが、飲み続ける内に症状が収まってくる場合が多く、日常生活に影響がない程度の副作用ならば薬を飲み続けて構いません。副作用が長く続いたり、悪化するような場合は医師の診断を受けて服用可能か確かめて下さい。