ピルを使った避妊法の記事一覧

  • 2017.07.20

    ピルは1週間ごとにホルモン量が変化する

    重い腹痛や腰痛、頭痛や吐き気に気分の重さなどが続き、寝込んでしまうほどつらさを抱えている人も多い生理痛は、鎮痛剤を飲んで、痛みを和らげている人も多いのですが、生理痛がひどくなってしまうと薬が効かなくな...記事の詳細

  • 2017.06.24

    一般的な経口避妊薬のトリキュラーの最安値

    今の時代では、男女間の付き合いというのも気軽になっていて、交際をしはじめてすぐに性的な関係を持つということも普通になっているものです。愛し合っていればいいと思う人たちも多いのですが、一方で性的な関係に...記事の詳細

  • 2017.06.04

    中出しと妊娠・避妊に良いトリキュラー

    若い人に見られる傾向の強いのが、中出しで性交渉を行うことです。妊娠を希望するカップルであれば問題のない行為ですが、妊娠を望まない場合に中出しで行為をすると、妊娠の確率が非常に高くなります。 原因とし...記事の詳細

  • 2017.05.19

    子宮内膜症の癒着に効くトリキュラーとメリアン

    女性の方で、毎月の月経困難症や、月経不全に悩まされている方は多くいるのが現状ですが、この月経困難症の症状を緩和する方法として、ピルを服用するという手段があります。ピルと聞きますと、どちらかといえば避妊...記事の詳細

  • 2017.04.29

    アフターピルとロキソニンや殺菌作用のある薬の併用

    避妊に失敗してしまった時に用いられる緊急避妊薬としてアフターピルなどが存在します。多くの女性が避妊に失敗してしまった時に利用されているお薬ですので、避妊効果も非常に高く安全性のある人気のお薬です。 ...記事の詳細

  • 2017.04.13

    ピルを服用すれば生理時の貧血が軽減される

    避妊薬として広く知られているピルですが、我が国においても諸外国に遅ればせながら、ようやく低用量ピルが解禁となったことを受けて、服用し始めている女性が増えているようです。働く女性が増えている現代において...記事の詳細

  • 2017.03.30

    ピルの効果を抑える抗生物質と生理を軽くするルナベル

    ルナベルは、低用量ピルの1種で、黄体ホルモン薬と卵胞ホルモン薬が配合され、飲み続けると、身体が妊娠したと判断され、排卵を促すホルモンの分泌を脳下垂体がしなくなります。その結果卵胞の発育が抑制され、排卵...記事の詳細